FC2ブログ

葉音通信English Lesson

電話とFAXで英語のレッスンをしています

国語の最近の傾向として

以前と比べて、読解問題を解くことが得意な生徒さんが増えているように思います。
パターンみたいなものを、受験塾等だけでなく、学校でも教わっているのか、
ゲーム等の普及により、人が作ったルールに従って答えを出すことに
自然に慣れてきているのかもしれません。

反対に、自分の力で考える、自分の心の深い部分を見る、
聞いたり読んだりした内容を自力で端的にまとめる、
要旨をつかむ、感想を自分の言葉で表現する、
人の心を理解する、などの深い言語能力を必要とする力は
どんどん失われているのが現状です。

パターン問題ではそれなりの言葉を操ってるように見えたのに、
自力作文となると突然幼児帰りしたような文を書いたり、
読書の内容を尋ねると、内容とはまるで違うことを答えたり・・・

すべての知識が浅く表面上を滑っていて、
自分本来の感情と結びついていない・・・
これでは学年が上がるに従って、学習が苦痛になるばかりでしょう。

自分の感情と繋がる学習を。
これが当面のわたしの目標になりそうです。

スポンサーサイト

PageTop

英語と日本語を分ける

英語を始めた当初は、英語は外国語だからわからなくて当然と思い、
素直に英語音を聴き、リピートしてくださる生徒さんが、
ある日突然「わかりたい!」という欲求に突き動かされて、
今まで英語の部分に入れてきた英語としての情報を
意識的に日本語の部分に移し変えようとすることがあります。

繰り返し言いますが、バイリンガルに近い形で英語を習得するには、
英語と日本語の部分を分ける必要があります。
これをごちゃまぜにしてしまうと、ジャパニーズイングリシュから抜け出せません。
英語=日本語という観念に取りつかれてしまいますが、
実際は、英語と日本語は別物です。

一方、結構長い時間レッスンを受けてきているのに、
相変わらず何もわからない、あまりにもわからな過ぎて苦痛と言う場合は、
問題点は英語ではなく、言語力(国語力)にあります。
英語と日本語の表現は別々ですが、言葉の認識としては勿論深い部分で繋がっているので、
言語理解の深い根っこの部分がないと、英語は音だけでは理解できませんし、
わかっているつもりの日本語も実は非常に浅いレベルでしか理解しておらず、
英語にしろ日本語にしろ、そもそもちゃんと理解していないという問題にたどり着きます。

そんなに難しい英語はいらない、中学レベルがわかれば充分、という場合を除いて、
高校、大学に進学を考えているのであれば、
きちんとした深い、根っこのある国語力は絶対に必要ですし、
人として生きる本当の楽しさを味わうためにも、国語力は必須です。

PageTop

おかあさんと一緒

兄弟姉妹で葉音のレッスンを受けられているのはごく普通ですが、
親子で、お母様とお子さんで受けていらっしゃるケースもあります。
中ではお子さんが学校を卒業されてからも、お母様だけ、面白い!
とおっしゃって続けていらっしゃる方も!

利点としては、様々なジャンルのCDが聴けること、
そして通信初心者の場合、システムやレッスンに早く慣れることが出来、
お子さんが小さい場合の足し算の訳や宿題の補助もよりスムースなことが挙げられます。

そして多くのお母様が、ヘルプをしている時は、なんで出来ないの!と思ったけれど、
いざ自分がやってみると意外と混乱し(何事も見ているのと実際にやるのとは違いますよね)、
子供さんを凄いと思った!とおっしゃいます。
その感情は自然にお子さんに伝わり、通信で見えない相手とレッスンすることに
お子さんがより積極的に、前向きになられることが多いです。

小学高学年になると、男の子はだんだんと口をきかなくなりますが、
親子で葉音のレッスンを受けていることで、
共通の話題や理解があって、思春期を乗り切れたとおっしゃるお母様も。
お子さんの方のご意見はあまり聞けませんが、
「お母さんが続けているから、自分もがんばろう。」と思われたお子さんも
きっといらっしゃるはず、と思います。

お薦めです。

PageTop

いつ英語を始める?

語学なので、早ければ早いほど楽に習得できるというのが大前提です。

特に学生さんの場合、どうしても学校のテストや受験に縛られるので、
1つの英文法をちゃんと理解し、使えるように頭に沁みこむ前に、
どんどん次の文法に移らねばならず、
中、高、大学受験までは常に国に決められたペースに追われることになります。

葉音では、小学3年生から日本とアメリカの両方の教材を使って簡単な文法を学び、
頭を慣らし、4年生からは本格的な文法に入ります。
(個人教授なので、もっと早く進む生徒さんもいます)
5,6年生で中1の文法を終え、さらにもう一度繰り返し、
中1の段階で中2文法に入る。
このペースが最もスムーズに学生時代の英語を乗り切る速度になります。

今年小6、中1で英語を始めた生徒さんの入会があり、
お2人とも非常に優秀なのでなんとか乗り切っていますが、
かなり大変そうな印象です。
学生時代の英語をスムーズに乗り切るには、遅くとも5年生からはスタートするのがベダーと思います。
(もっと早い方がよりスムーズなのは、勿論です。)

一方大学生以上は、決まったカリキュラムに縛られることはなく、
単純に英語力を上げていけばいいので、
より個人に沿った指導が出来ますし、長所を伸ばし短所を補うことが簡単に出来るので、
お互い焦らずマイペースで進むことができます。
発音の問題も、CDの聞き流しと読みと暗記でかなり綺麗になります。
学校と受験に縛られていなければ、学びたい!と思った時が始め時です。

PageTop

大学受験は高2から

受ける大学、学部と自分の学力にもよりますが、
通常大学受験には2年間と思っていて間違いありません。
それなりの大学を受けるのであれば、2年間は勉強漬けになるつもりで臨んでください。

高校生になると、まず学びの幅と深さがぐっと広く、深くなります。
高校1年では広く深くなった考え方に慣れながら、基礎を学んでいきます。
そして高2から受験体制に入ります。
まず大切なのは、問題に沿うということ。
出題者がなぜその問題を作ったのか、解答のポイントは何なのか?

高1が自分を深める学び中心と言えるならば、
受験は、相手の存在を意識する学びとも言えるでしょう。

PageTop